メンタルクリニックでは何を診察しているのか。

あけましておめでとうございます。
本年より当クリニック開院1年目を迎えます。

開業までたくさんの方にご支援いただき、本当にありがとうございました。
どうぞ、今年もよろしくお願いいたします。

さて、診療を始めるにあたり、メンタルクリニックではどんなことを診ているのかをお伝えしたいと思います。

クリニックと聞くと「病気」を診ているのだろうと多くの方が考えると思います。
うつ病やパニック障害などの精神的な病気を診ることは当然のことですが…

患者さま1人1人のことを理解するためには、それでは不十分だと思っています。

そこで、私は大きく3つの観点から診るようにしています。

1つ目は「生まれ持った能力」です。
同じように成長しても得意・苦手なことは、みんな違います。

そこに2つ目として、その人が置かれている「環境」があります。
どんな場所に、誰と、どんな仕事をして生活しているのか。

「能力」に合わないような「環境」があれば、精神はいつか限界を迎えて、3つ目の「病気」が発症します。

(全ての病気がこの流れに当てはまる訳ではありませんが)

どうしても「病気」という結果に目が行きがちですが、この3つをしっかり理解していかないと、良い治療になりません。

そのために、まずは患者さまからじっくりお話を聞くのが診療のスタートです。

長くなりますので、今回はここまでにしましょう。

これからもメンタルクリニックとはどういうところなのか、どんな診療をしているのかをブログでお伝えしていきたいと思います。

では、1月7日より開院いたします。
よろしくお願いいたします。

今回は以上です。

たなかメンタルクリニック
院長 田中耐地